真実の思考盗聴…科学知識 皆無の警察

2009年9月7日月曜日

2009年7月10日金曜日

真実の思考盗聴…科学知識 皆無の警察

 被害に遭遇当時は25年前で、現在のようにパソコンが当然のごとく普及している時代ではなく、私など最近ようやくインターネットを閲覧するようになったぐらいです。

 検索キーワードに想像力がなく思考盗聴という言葉を見つけたときは、内容は別として、ある意味とても上手い表現だと思いました。もしかしたら私と同様の被害者がいるかもしれない、そう思い幾つか閲覧しましたが、私とは違うようでした。難しい電磁波(?)を照射され攻撃をうけている等もありませんし、勿論身体的痛みは一切ありません。映像を見せられたり「五感を操る」ようなこともありません。書き込みの本意がわからないものから共感できる部分のあるものまで、さまざまではありましたが。

 一般的に理解しづらい特殊な事柄で、自分自身が長年の被害にあいながら、知識も力もなく、どうにか投稿するに至ったぐらいです。

 解決に導く情報・科学知識をお持ちの方がおられるなら、ぜひ、ご連絡下さい。

 被害にあうことになった場所は、地方の一軒家で2階建てでした。鍵もない野放図な住宅で、加害者一味の数人も出入りを自由にしていました。半年足らずの間に被害が徐々にエスカレートしていった経緯の概略と、その地を離れ数十年経った現在を投稿します。

Ⅰ. 始まりは盗聴(盗撮含む)。

Ⅱ. 別室、特に2階にいると階下での話し声がもれ聞こえます。それが、ある時から私について話しをしているかのように聞こえ出しました。普通の声量(通常の会話をしていると思われる大きさ)になると、私とは全く関係のない話しをしているとわかるのですが、口を覆って話しているのだろうと思われる、くぐもった話し方や、声をひそめたり咳払いにあわせて、私の名前や短い言葉の(稚拙な感じの)悪口などが聞こえるのです。前後脈絡のない単語がスポットで入るので、当然会話の中身は相当変で、そこは不思議で仕方ありませんでした。

Ⅲ. その住居内で、顔見知りである一味が姿なき声を出すようになりました。普通に会話できるのです。大体決まった箇所からのようで、1階は浴室扉横のガスのメインコントロールスイッチの1箇所ほどでしたが、2階は多く、徐々に範囲が広がっていきました。声や振動が、天井などを一定の間隔で転々と移動するようにです。これは、そう非現実的ではない方法でできそうな気がします。

Ⅳ. 私に浴びせられる悪口に、当然のことながら憤りを感じていました。ある日、私の口では何も言ってないことにすぐさま言い返されました。当初、私には何も聞こえていなかったので、何がどのように聴こえているのかわかりませんでしたが、意識して「言い返したい」と強く思っても、特に長い言葉などは上手く伝わらないようでした。口頭で文句を言うほうがとても楽に思えましたが、現実にはその場に誰もいないのです。独り言を言う年でもなかったので、息を吐きながら喉頭だけを動かしたり、声を出さず口だけ動かしたりもしました。

Ⅴ. 一味の一人(一種類)の声色で抑揚のない(無感情の機械音のような)声だけが聞こえるようになりました。「だるい」など短い単語だけが繰り返し間隔をあけてすぐ返ってくる。男女問わず一味の声色でしたが、私との対話(?)は不成立でした。

Ⅵ. そして私の声(多分そうなのだろう)になりました。自分に初めてこえたことになる。
話そうと考えていることだけ(単語)が出ているのではなかったようで、もう一つは(そのように感じた)絶え間なくダラダラと流れ出るようで、外耳からではなく聴かされる

 その都度、音量に違いがあるように思えましたが、当初は可聴音か非可聴音かもわかりませんでした。

Ⅶ. テレビ番組であれば、観客の歓声等の音量がかわる(小さくなる)瞬間に一員の声色が(その当時は)唐突に入った。唐突というのは、実際の番組の音声と言葉数があわないので、結果未完成な言葉になってしまう。


 私の流出する声は2つ(?)あり、客観的に考えると《骨伝導》の概要ととても似ています。走って息をきらせば同様に声も揺れ、乱れます。睡眠時はそれなりの速度になります。考えたくなくても聴かなければなりません。《気導音》、《骨導音》の2つの概要が同様に感じます。それぐらいしか考えつきませんが、自分自身のことなので、状態はっともっと多くの細かいことが言えます。


 今は自分の頭の中で自分のが延々聴こえる一人相撲です。


 家族の別室の話し声なども、一定の(小さな)音量になった間だけ、私の流出する思考が声を発している者の声色になって、言葉足らずで入り込みます。たまに意識した時は、かすかに重なって聞こえます。わかってはいるのですが、外耳からと直接聴こえるのと、2つあるのですから仕方ありません。


 どのような方法かはわかりませんが、頭には頭蓋骨、耳には鼓膜があることぐらいはわかります。

 頭脳明晰な方々の可能性のある見解をどうか聞かせて下さい。

常識の範囲内で私の求める【解決】に導く正しい答えを教えて下さった方には、必ずお礼をと思っています。ご検討下さい。






 








ラベル: